光やレーザー後の手入れはしっかりと!脱毛後にやっておきたい肌のお手入れと注意点

火照りが長続きしないようお風呂は控えましょう

脱毛をした後は、手入れが重要になります。脱毛をした後には、火照りがあるケースも珍しくありません。そんな状態でお風呂へ入ると、火照りが続いてしまう事があります。火照りだけではなく、炎症が起きているケースもあるでしょう。その場合も、お風呂は控えた方が良いのです。だから、脱毛をした後は、お風呂に入るのではなく、シャワーを浴びた方が良いでしょう。基本的に、肌が火照っている、炎症が起きているのは、ダメージを受けているからとも考えられます。脱毛後は冷水で冷やす等のお手入れが大切です。

脱毛をした後は日焼けは避けた方が無難です

エステやクリニックで脱毛をした後は、日焼けは避けた方が良いです。エステでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛を行う事が主流となっています。この方法は、毛根細胞を壊して体毛を生やしたり、育つシステムを壊していく物と考えましょう。その事から、肌は大きなダメージを受けているのです。その為、ちょっとした紫外線に対しても、通常より焼けてしまう可能性があります。その結果、シミになる事も考えられるでしょう。その為、脱毛後は、日焼けには注意してください。

光やレーザー脱毛後の手入れは保湿が重要

光やレーザー脱毛をした後は、水分も減ってしまっているので、保湿をしっかりとする必要があります。保湿については、化粧水や保湿クリームを使用すれば良いでしょう。ただ、通常よりもしっかりと、脱毛をした箇所を手入れした方が良いです。もし炎症が起きた場合には、軟膏等を利用して、抑える事を考えてください。しかし湿疹が出来たり、水ぶくれがあるならば、火傷をしている可能性が考えられます。そんな時は、すぐに美容クリニック等で診療を受けた方が良いでしょう。

部分を脱毛するメリットとして、気になる範囲のムダ毛を集中的に処理できることや、費用が抑えられることがあります。