レーザー脱毛にも種類が!?3つの種類と特徴

主流となるダイオードレーザー

日本で最も多く使われているのがダイオードレーザーと呼ばれるものです。ダイオードレーザーの波長は日本人の肌の色にマッチしていることから、効率よく効果の高い脱毛を進めることが可能と言われています。日本人の肌の色と相性がよく、他の機器よりも照射する力を強く設定できることから産毛に対する効果も高め。加えて痛みが少ないため初心者の方にもおすすめの種類となっています。痛みを軽減しながら脱毛を行う方法も存在します。

日焼けにも対応してくれるヤグレーザー

他の種類と比べて波長が長いとされるのがヤグレーザー。レーザー光が肌の奥まで届くことからワキなど毛の濃い部分にも効果的です。また、日焼けした肌にも使えるのも特徴のひとつ。よく脱毛前に日焼けはダメと言いますが、ヤグレーザーであれば日焼けしても大丈夫なわけです。ただ、産毛に対する効果は薄め。太くて濃い毛に対する効果が高い分とあきらめましょう。加えてヤグレーザーはジェルを使用せず、迅速な照射を可能としています。

アレキサンドライトレーザー

アレンキサンドライトレーザーはその名の通り、アレキサンドライトと呼ばれる鉱石を使った種類のこと。波長が他よりも短いことから、より選択的にメラニン色素に反応してくれるのですが、代償として強い痛みも伴います。もともとレーザー脱毛は痛みが強いと言われているので人によっては辛いかもしれません。ちなみに、アレキサンドライトレーザーはシミやあざの治療にも用いられます。歴史が長いことから現在でも使っている場所が多いようです。

医療レーザー脱毛では、高出力のレーザーを使用して施術を行うため、サロンよりも短期間で優れた効果を実感できます。